<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
title
title
title


title
title
title
title
title
qrcode
title
遅咲きの桜が・・・
 入学式までなんとか間に合ってくれた桜。
今日のこの雨で
散ってゆくのか。

嗚呼、花の命はなんて短いものか。
しだれ桜
19:15comments(0)trackbacks(0)
可睡斎
可睡斎というお寺はボタンが有名で季節になると艶やかなボタンが咲き誇ります。道を隔てたその奥に可睡ゆりの園があります。花の咲く処はたいてい見て廻っていますが、ここだけは未体験でした。私が訪れたのは6月の中頃です。可睡斎でユリを見るにはこの頃が一番良いと思いますよ。それにしても聞きしに勝る大迫力。日本中の色鮮やかなユリ達が集まったようなそれはもう見事な咲きっぷり。プロやアマチュアのカメラマンも大勢押しかけていましたね。来年是非おでかけください。お土産にユリをどうぞ。香りの良いハイブリッドは少々高めですが、普通のユリなら3本で1k円くらいです。

  
  
  
 
p.s.丁度、IZANAGIというシンセサイザー奏者が演奏していました。なばなの里でも会いましたよ。
20:52comments(0)trackbacks(0)
ハーブって
私のように嗅覚が衰えて自分のオナラも臭わなくなりますと、無性に香りの強いものに執着する傾向になるようですな植物。我が家のハーブ担当者としては色々勉強しなくてはなりませんが、それにしてもこのハーブ君たち、よく育ちました。拍手ペパーミントは大して水も与えるでもなく、追肥も1年間無し。(^^;;;それでも何度となく株分けしましたし、食卓の香り屋さんとして大活躍しましたよ。イングリッシュラベンダー(ブルーリバー)も2年目ですが、ほったらかしでも見事に香り高い花々を咲かせてくれました。本当はこのあたりで枝ごと刈り取って剪定するのでしょうが、まぁ、今年も自由に咲いてもらいましょう。(オイ)初年度の写真もありますので見比べてくださいな。花がすべて咲き終えてしまったコモンタイムとか名前を忘れたハーブなどもあります。他にも窓際にパイナップルミントなんかも置いてあったりしますが、写真公開に耐えられないほどに伸び放題なのでここでは割愛させて頂きます。(ぷ)いいなぁ、いいなぁやっぱりハーブって。
ペパーミント ラベンダー2年目 ラベンダー初年度
コモンタイム 名も無き花
16:43comments(0)trackbacks(0)
彼岸花(曼珠沙華)
遅刻した彼岸花我が家の前の道には毎年彼岸の頃になると必ず同じ場所に彼岸花が咲くのであります。これは1日〜2日の違いはあっても「お彼岸」の頃であります。が、今年は何故か10月に入って今頃咲き始めました。今年送れた理由は花に聞いてみないと分かりませんが、今日などは「関東から九州地方の広い範囲で午前中から気温が上昇、各地で最高気温が30度以上の真夏日」(byYahoo!)おてんきだそうですから何か”勘違い”てれちゃうしていたのかもしれませんね。
20:51comments(2)trackbacks(0)