<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   01020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
title
title
title


title
title
title
title
title
qrcode
title
というわけで・・・シリーズ第2弾
鹿児島へ行こう♪であります。知らない間にシリーズ化してしまいました。楽しい
鹿児島へ行ったら誰でも一度はお目にかかる桜島ですが、桜島は元々は「島」だったのですが、御岳の大噴火(大正3年、噴煙は8000kmに達し、カムチャッカ半島まで灰を降らせた)で大隈半島と陸続きになったのであります。
桜島の溶岩道路(R224)を走ると周りは溶岩だらけでまさに溶岩の上を走っているという感じがしますねぇ。浅間山をご存知の方、丁度、浅間山北麓に広がる鬼押出し園の中を走っている雰囲気を想像してみてください。(海岸沿いはヤシの木が植えられていて南国ムードたっぷりなんですが。)ところどころにコンクリートブロックで囲まれた頑丈なバス停?があります。最初はそう思ってましたが実はこれバス停ではなくて吹き上げられた溶岩や降灰から身を守るシェルターだったりします。(^^;;;そうです、桜島は活火山ですから今現在も盛んに噴煙をあげています。東の富士山が静なる霊峰ならば、桜島御岳は動なるマグマ大使かな。(意味不明苦笑)
指宿(いぶすき)の最南端に開聞岳(かいもんだけ)という山があります。南国の薩摩富士と呼ばれるほどにとっても富士山に似ていますね。
鹿児島市街地と桜島の雄大な御岳磯庭園から望む桜島大砲
長崎鼻から開聞岳を写す
知覧特攻平和会館にて
ポケモンジェット
11:44comments(0)trackbacks(0)
コメント
コメントする







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)



この記事のトラックバックURL
http://papablog.marichan.net/trackback/628325
トラックバック